検索

パーソナルトレーニング

最終更新: 2019年8月2日

今日は少し会社の取り組みに関してブログを書かせてもらいます。


弊社は「働き方改革」の一環で、お客様に合いに行く予定や、特別な会議があるとき以外は普段の通勤や業務の服装は私服で構いません。オフィスの別フロアには仮眠室も設けてあり、社員は好きな時に利用ができます。


それに加えて、毎週月曜日の昼休憩は3階のオフィスでストレッチ、金曜日の18:00からは1階や、地下を使い、パーソナルトレーナの方に来てもらい、体幹トレーニングを実施しています。


福利厚生としてスポーツジムを使える会社もあるとは思いますが、実際のところ、一日の業務を終えてから、スポーツジムに行ってトレーニングをされる方は、別にスポーツをやられていたり、トレーニングが好きな方にとっては何の問題もないかもしれませんが、そこまでの運動を望んでいない人にとっては、どうしてもハードルが高くなってしまいがちです。その結果利用する権利はあっても利用しない、できない方がいることもあると思います。


専業医に相談することも当然可能だとは思いますが、診療を受け薬をもらって治すというだけでは、悪い症状を治すことはできても、病気にかかりくい身体づくりや代謝を上げて痩せやすくなる身体づくりはできません。


そこで弊社の代表は、業務時間内は打合せスペースとして利用している1階や、ガレージスペースとして利用している地下を利用し、会社で運動ができるようにプロのパーソナルトレーナーと契約をして、社員ひとりひとりに対して、別のトレーニングメニューを組んだり、食生活のアドバイスや、カロリー管理等も必要に応じて行うようにしています。


トレーニングだけはなく、ちょっとした肩こりや、腰痛、ダイエット等の相談にも対応してくれるので、本当に自分専属のトレーナーのように相談ができるので、安心できますし、相談しやすい存在です。


なぜこのような取り組みを行うのかと代表に聞いたところ、社員の健康を守るのは当然だが、社員だけではなく、社員の家族も守るためには、少しでも長く健康に社員が働ける環境を作るべきだという考えになり、パーソナルトレーニングを導入しようと思ったとのことでした。


社員だけでなく家族の為にも、健康に長く働ける環境を作ってくれるなんて、ほんとに有難いです。


健康診断はオールA以外許されませんね(笑)






25回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示